ドラゴンフルーツは糖尿病に効果あるの?毎日食べると糖質やダイエット、健康効果はあるのか解説

暮らし(食)

見た目が独特なドラゴンフルーツ、
サボテンの一種で、日本では沖縄を中心に

栽培されているフルーツです。

中々、スーパーで見かけることは
ありませんが、見かけると食べてみたい!
とそそられますよね。

しかし、ドラゴンフルーツは
どのようにして食べるのか、

ダイエット・健康にはどのように効果が
あるのか知りたいところですよね。

そこで今回は、ドラゴンフルーツの食べ方、
ダイエットや健康にどのような効果が
あるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

ドラゴンフルーツは糖尿病に効果あるの?

ドラゴンフルーツには、マグネシウムが
100g当たり、41㎎とごぼうと変わらないほど、

豊富に含まれています。

マグネシウムは不足すると、
不整脈・動脈硬化症などのリスクが高く
なります。

また、長期的に不足すると、骨粗しょう症
高血圧などの生活習慣病のリスクが生じます。

マグネシウムの効果としては、
血圧を下げたり、血栓を作りにくくしたり、

血糖値の改善にさようすると
言われているので糖尿病の予防に効果があると
言われています。

では、マグネシウムの摂取基準量は
どのぐらいなのでしょうか。

成人男性のマグネシウム摂取基準量は
340㎎~370㎎、

成人女性のマグネシウム摂取基準量は
270㎎~290㎎です。

毎日食べると糖質はどうなの?

 

ドラゴンフルーツを毎日食べると
糖質過多になり、「糖尿病」・「肥満」
などの原因になるでしょう。

ドラゴンフルーツの糖質量は、100g当たり
9.9gです。

100g当たりの量を見ると少なく感じられ
ますが、ドラゴンフルーツの1個当たりの

重さは大体300gです。

1個まるまるドラゴンフルーツを食べて
しまうと、19.3gほどになります。

単純に3倍にならないのは、
ドラゴンフルーツは皮の廃棄量が多いからです。

重さの約35%が皮で廃棄をします。

それでは、毎日ドラゴンフルーツを食べると、
糖質過多になります。

糖質過多になると、「糖尿病」「肥満」
「認知症」「老化」の原因になります。

一日に必要なエネルギ―の65%以上の糖質を
摂ると、糖質過多です。

ダイエットや美容効果は?

ドラゴンフルーツはダイエット・美容効果が
あります。

肌をきれいに保つためには、コラーゲンの
合成が必要です。

コラーゲンを合成するためには、ビタミンCが
必要になりますが、ドラゴンフルーツには、

100g当たり7㎎含まれています。

食物繊維も豊富に入っているので、
腸に働きをかけてお通じの改善をして
くれます。

特に、赤い果実のドラゴンフルーツには、
ポリフェノールの一種「ベタシアニン」が

含まれていて、抗酸化作用があり、
老化を予防する働きかけをしてくれます。

健康にはいいの?

ドラゴンフルーツは、食物繊維が豊富に
入っています。

その含有量は、ゴボウに匹敵するほど
含まれています。

ゴボウ1本あたり(180g)、
不溶性食物繊維の含有量は3.4gです。

一方ドラゴンフルーツは100g当たり、
水溶性食物繊維は0.3gですが、

不溶性食物繊維は1.6g入っています。

100gにすると含有量はゴボウと
ほぼ変わらいほど入っているので、
お腹の調子を整えてくれます。

また、高血圧・むくみを抑える働きがある、
「カリウム」も100gあたり、350㎎含まれて
います。

ドラゴンフルーツ食べ方を紹介

ドラゴンフルーツは見た目に反して、皮が
柔らかいです。

ですので、食べやすいサイズに切って
食べましょう。

赤い果実のドラゴンフルーツを切る時には、
果汁が飛ばないように気をつけましょう。

まとめ

今回は、まだまだ珍しいドラゴンフルーツに
ついて紹介しました。

毎日ドラゴンフルーツを1個食べると糖質の
摂り過ぎで、「糖尿病」「肥満」の原因に

なるので気をつけましょう。

しかし、ドラゴンフルーツには、食物繊維が
豊富でお通じの改善や美容効果、

高血圧・むくみ予防の効果もあります。

健康や美容にも良いので、適度な量を
食べるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました