トマト の紙パックは 体に悪いと言われる理由は?!開封後の安全性、保存期限、離乳食に害はあるのか解説

暮らし(食)

トマトを使った料理は世界中にあり、
煮込み、パスタ、スープ、サラダなどに幅広く
使われています。

日本でも、暑い盛りに冷えたトマトを副菜にする
ご家庭も多いです。

夏はトマトも量が多く出まわるため手に入りやすく、
フレッシュなトマトを買われる方も多いです。

秋冬はトマトの価格が上がるため、トマトの缶詰や
紙パックを利用することも多くなります。

長く保存ができますので、常備品として
されている方も多いです。

今回は、トマトの紙パックが体に悪いと、言われる
原因を調べてみましたので

最後までご覧になって下されば有難いです。

スポンサーリンク

トマト の紙パックは 体に悪いと言われる理由

トマトの紙パックを長期保存するために

容器の内側にはBPA(ビスフェノールA)という
プラスチックの原料と同じ化学物質でコーティング
されています。

それが微量にトマト缶のトマトに溶け出すことが
体に悪いと言われている原因です。

BPAの大量摂取は、神経や行動を、乳腺や前立腺、
ホルモン作用のかく乱が報告されています。

トマトの紙パックの中にBPAを塗られている商品があります。
それが、体に悪いと言われる理由になりますが

BPAフリーの紙容器のトマトもあるようです。

紙パックの底面に英語表記があるですが、
見たことはあっても何かわからない方も多いようです。

Tetraなど印刷されています。

その記載がある商品はすべてBPAフリーの紙パック
ですので、底面の印字をチェックして購入されると
よいです。

SIG等の記載の場合は、BPAフリーの種類もありますので、
食品メーカーに問合せしていただくとよいです。

トマト缶が危険な理由

トマトの酸による金属の劣化を防ぐために、
BPAを缶の内側に塗った商品があります

やはり、それが危険な理由です。

避けたい場合はイタリア産のBPAフリー有機トマト缶の
購入をおすすめします。

更に、別の国から輸入したトマトの最終加工地が
イタリアであれば、イタリア産のトマト缶として
販売されています。

BPAや、何処で出来たトマトを使った商品などと
気になる方は、インターネットでホームページに

細かな産地をきちんと記載している会社のトマト缶を
購入されると安心です。

トマト の紙パック、開封後の安全性は?

トマトの紙パックは未開封であれば常温で保管して
おけますが、一度開封したものは要冷蔵になり、

早めの2~3日中に使いましょう。

一部の会社の商品は、開封口を折りたたんで清潔に
保存できる便利な商品があります。

それ以外の紙パックのトマトは、ガラスの容器や
ジップロックに入れ替えた方が保管しやすいです。

水分がついている容器などでの保管は、トマトに
カビが生える場合がありますが、液体のカビは一部を

とっても食べられませんので、すべて処分しましょう。

2~3日中に使う予定がない場合は、開けて日をおかずに
冷凍保存しましょう。

ジップロックに薄く平らに凍らせて、完全に凍りきらない
うちに使いやすい大きさにジップロックごと割ると、

次回使用するときに好みの量で使えます。

冷凍保存でも1か月以内には使い切りましょう。

トマト 紙パック 保存期限は?

トマトの紙パックの賞味期限は必ず食品会社の
指示に従いましょう。

ただし、保存場所の気温が適切でなかったりすると、
紙パックが膨張してきて破裂することがありますので、

夏場の保管場所には注意を払いましょう。

腐敗で膨張している場合もあり、劣化で食中毒の危険も
ありますのでトマトは処分しましょう。

トマト 紙パック 離乳食に害はあるのか?

トマトには栄養があり、5~6か月くらいの
離乳食初期から与えてもよいとされています。

紙パックのトマトは皮をむく手間がなく、
完熟のトマトですから柔らかくて調理しやすいです。

トマトの種は消化できずに下痢になりますので、
とりだして赤ちゃんに食べさせましょう。

塩分の入っていないものを選び、トマト缶の
トマトは水煮ですから、必ず再過熱をして
食べさせましょう。

日本の食品衛生法ではBPAの耐容一日摂取量
(人間の一生涯において毎日摂取しても健康に有害な
影響がないとされる基準量)が定められています。

体重1㎏に対して0.05㎎(0.05ppm)です。

体重5㎏の赤ちゃんで0.25mg(0.25ppm)
体重50㎏の方であれば2.5㎎(2.5ppm)を1日につき

摂取しても問題ありません。

トマト缶1つから溶け出すBPAは0.0023~0.0029ppmです。
ですので、過剰に反応することはないのですが、

BPAはトマト容器に限らずBPAは飲料缶、食品の缶詰にも
使用されています。

厚生労働省より妊婦、胎児、幼児に対して注意喚起が
出ています。

基準値より低い値でも影響があり場合がある懸念を
持たれているそうですので、BPAの使用されている

容器全体に気を配りながら紙パックのトマトを
使われることをおすすめします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました