あんこを毎日食べると体に悪い?糖尿病や肌荒れに影響あるの?一日の摂取量を解説

暮らし(食)

ぜんざいや、どら焼き、おはぎは
もちろん、パンとも相性が良いあんこですが、

一日の摂取量はどのぐらいなのでしょうか。

おいしいからついつい食べ過ぎてしまう
あんこ。

食べすぎると糖尿病、肌荒れに影響が出るのか
調べてみました。

スポンサーリンク

あんこを毎日食べると体に悪い?

あんこを毎日食べると体に悪いです。

どんな食品でも言えることですが、
食べ過ぎは体に悪いです。

あんこはどのような面で体に悪いので
しょうか。

・食物繊維が豊富なことがあだになる!?

あんこには、食物繊維が豊富に入って
います。

お腹が少し緩い時に、大量に食物繊維を
摂ってしまうと、下痢が悪化してしまいます。

 

・あんこの大量摂取は気持ち悪くなる!?

あんこを大量に摂取すると、デンプンを
過剰に摂ってしまいます。

デンプンを過剰に摂ると、胃酸過多になり、
気分が悪くなってしまうのです。

・カロリーオーバーで肥満に・・・。

栄養がたくさん入っているからと言って、
甘いあんこを大量に食べてしまうと、

カロリーオーバーになります。

あんこを毎日食べると糖尿病や肌荒れに影響あるの?

あんこを毎日食べると糖尿病や肌荒れに
影響が出ます。

・糖尿病

まず糖尿病とは、インスリンが不足、
作用低下することで高血圧の状態が続き、

網膜症、腎症、神経障害の三大合併症や、
動脈硬化、心筋梗塞などの心臓病を

悪化させてしまいます。

砂糖は血糖値を上げる要因となり
ますので、毎日あんこを食べていると

糖尿病になるリスクが上がります。

・肌荒れ

肌荒れの原因の一つとして、【糖化】
あげられます。

糖化をすると、コラーゲンが破壊され、
老化・乾燥肌の原因となってしまいます。

この糖化は、糖分の過剰摂取で
引き起こします。

あんこの一日の摂取量は?

あんこの一日の摂取量は100gです。

あんこには、砂糖がたくさん入っていて
カロリーも低くはありません。

また、マグネシウムも豊富に入っており、
100g当たり、45㎎含まれています。

成人男性(18歳~29歳)であれば340㎎、
成人女性(18歳~29歳)であれば270㎎です。

この事を考えると、他の食品にも
マグネシウムが含まれているので、

あんこの一日の摂取量は100gが良いと
考えられています。

あんこのカロリーや栄養は?


先ほどからカロリーが高いと言って
いますが、実際あんこはどのぐらいの

カロリーなのでしょうか。

100gあたり155カロリーがあんこの
カロリーです。

その他にも、

脂質:0.9g

食物繊維:8.5g

マグネシウム:45㎎

カルシウム:60㎎

と栄養が豊富に入っています。

また、ワインの1.5倍のポリフェノールが
含まれています。

ポリフェノールは、血管の健康を
保つのに必要な成分です。

あずきのかわにポリフェノールは含まれて
いるので、粒あんを選ぶと

ポリフェノールをたくさん摂取出来ます。

 

あんこの日持ちはいつまで?

市販で売られているあんこを開封した際、
何日持つか疑問ですよね。

また、自分で作ったあんこもいつまで
日持ちするのか悩みますよね。

あんこの保存方法で、日持ちの期間が
変わります。

常温保存・・・その日中に食べましょう

これは、雑菌が繁殖してしまうからです。

下痢や腹痛を引き起こす可能性があるので、
開封後・作った後に常温保存する場合は、

その日のうちに食べてしまいましょう。

冷蔵保存・・・2、3日で食べるように
しましょう。

常温保存よりも長持ちしますが、
やはり菌が繁殖してしまう可能性が

あるので、なるべく早く食べましょう。

冷凍保存・・・1~2か月ほど
食べましょう。

冷凍が一番ながく保存ができますが、
保存方法に気をつけましょう。

1 一回分ずつに分ける

2 空気に触れないようにラップで包む

3 ジップロックに入れる

空気に触れてしまうとそこから酸化が始まり、
風味も落ちてしまいます。

もし、あんこが

・乾燥している

・カビが生えている

・酸っぱいニオイがする

・粘り気が出た

などの状態であれば、傷んでしまっているので
食べないようにしましょう。

今回は、健康に良いと言われているあんこを
食べ過ぎたら体に悪いのか、

糖尿病・肌荒れに影響はあるのか調べて
いきました。

どんな食材も同じですが、食べ過ぎると
体に悪いので、色々な食材をまんべんなく

食べるように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました