黒砂糖 血糖値 上がらないは本当?黒糖は 血糖値 下がる?黒糖の デメリットと糖尿病に対しての効果を解説

血糖値を気にしている人であれば、
一度は耳にしたことがある「黒砂糖」!

黒砂糖は、なんとなく体に良いイメージが
ありませんか?

血糖値が上がらない、糖尿病に効果的では
ないかと思う人もいますよね。

ただ、実際は「血糖値」が上がらないと
いう声も耳にします。

そこで、「黒砂糖」「血糖値」
関係性について、調べてみました!

この記事では、知られざる「黒砂糖」の
正体について知ることができます。

スポンサーリンク

黒砂糖は 血糖値 上がらないは本当なの?


そもそも、「黒砂糖」はさとうきびから
絞った汁を煮詰めて冷やしたもの。

沖縄で栽培されており、白砂糖と
原材料は同じです。

ただ、砂糖の塊であっても、
「血糖値の上がりやすさは低い」
されています。

これは、黒砂糖の成分である
「フェニルグルコシド」というという成分に
よるものです。

なので、適度な量であれば、白砂糖より
黒砂糖を選んだほうが血糖値が上がりにくい
ということが言えます。

 

黒糖は 血糖値 下がる?


食事の食べすぎを防ぐのに、「黒糖」
効果的なのをご存知でしょうか?

黒糖は、血糖値の上昇を緩やかにして
くれます。

ですから、食事前に口の中に「ポイ」っと
入れるだけで食べすぎを防いでくれますよ!

これは、「メラノイジン」や
「フェニルグルコシド」という血糖値を
下げる成分が含まれているから。

白砂糖と同じでありながら、熟成に
時間が掛かっているため栄養素が

「ギュッ」と閉じ込められているためです。

少しお腹が空いたときや、食事前に
黒糖を食べるのはおすすめです。

このため、白砂糖よりも黒糖を使っている
飴をなめたりすることで、食欲を
抑えてくれます。

黒糖の デメリット


黒糖は、体に良いとされていますが、
「デメリット」もあることを忘れては
いけません。

それは、「料理」や「お菓子」に
使用する際に、「クセ」があると
いうことです。

自分で作ると、独特のにおいや色味が
出てしまうことを知っておきましょう。

また、価格が白砂糖に比べると「高く」
日常的に使うと使い勝手があまり良く
ありません。

そして、食べすぎてしまうと
カロリーオーバーになってしまうと
いうことです。

ダイエットなど、健康的に食べるので
あれば、お腹が空いたときなど

「少量」を意識しましょう。

糖尿病に対しての効果は?


黒糖には、「ミネラル」が豊富に
含まれています!

なので、「糖尿病」の方は積極的に
「黒糖」を取り入れるのがおすすめ。

もちろん、血糖値の上昇を抑える効果も
ありますが、「コク」が深いため

料理に使ってもしっかりと甘みを
つけることができますよ!

ただ、黒糖も1日40g程度の摂取量
目安とされています。

それ以上食べてしまうと、エネルギーに
消費されない「糖質」が「脂肪」に
変わってしまいます。

体に良いからと、食べすぎてしまっては
糖尿病の方には「敵」となって
しまいますね。

なので、必ずその人にあった必要量を
摂取するように心がけましょうね!

黒糖 はそのまま食べるのが効果あるの?


黒糖には「ミネラル」成分が豊富に
含まれています。

そのため、「ミネラル」を体に取り込むので
あれば、そのまま食べることが効果的です。

これは、料理など「火」にかけてしまうと、
「ミネラル」が少なくなってしまうためです。

また、そのまま食べるのもおすすめですが
「苦手」だという方もいますよね?

そういった方は、「コーヒー」に入れて
飲んだり、「豆乳」に混ぜたりする
飲み方がおすすめ!

お菓子に向かない「黒糖」ですが、
「蒸しパン」や「カップケーキ」には
向いています。

材料を混ぜるだけで、簡単に作れますので、
子供と一緒に作ってみても良いかも
しれませんね。

是非、自分に合った「黒糖」の食べ方で
食べてみて下さい!

コメント