ご飯の代わりにじゃがいも主食のダイエット効果は?じゃがいも 主食 のデメリットと主食にすれば何個必要?

ダイエットを始める時、
「炭水化物」であるご飯を置き換える方法が
ありますよね?

おそらく、「ダイエット」を行った
誰しもがやる方法だと思います。

たくさんの方法がある中で、主食を
「じゃがいも」に変えてをみる方法を
ご存知でしょうか?

じゃがいもであれば、腹持ちも良く
安いので始めやすいですよね!

ただ、本当に「効果」があるのか疑問に
感じる人もいると思います。

そこで、
「じゃがいも置き換えダイエット」
関して調べてみました。

是非、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

ご飯の代わりにじゃがいも主食のダイエット効果は?

ご飯を「じゃがいも」に置き換えることで、
カロリーを非常に低く抑えることが
できます!

これは、「カロリー98㎉」、
「糖質30.7g」も削減することが可能です。

また、「じゃいも」には食物繊維が
豊富に含まれており、腸の働きも
良くしてくれます。

ですから、「便秘気味」という方は、
主食を「じゃがいも」に
置き換える方法はおすすめ!

しかも、「満腹感」を満たしてくれる
じゃがいもは空腹になるまでの時間が

長いというメリットもあります。

このように、考えればダイエットに
じゃがいもを取り入れることは
とても効果的だということがわかりますね!

じゃがいも 主食 は太る?

ただ、じゃがいもを主食にするのであれば、
少し工夫しなければなりません。

それは、じゃがいもが「高GI値食品」
あるためです。

高GI値食品とは、血糖値が
上昇しやすい食品のことで、

血糖値が上昇しやすいとダイエットの
妨げになってしまいます。

そのため、温かいままの「じゃがいも」を
食べることはあまり好ましくないでしょう。

もし、主食を「じゃがいも」にするので
あれば「冷やして」から食べるのが
おすすめ!

これは、「冷やして」食べることで
消化が緩やかな「レジスタントスターチ」

呼ばれる物質が増えるため血糖値の
上昇を抑えてくれます。

他にも、「レジスタントスターチ」は
腸のぜん動運動を刺激してくれる成分です。

ですから、ダイエットに「じゃがいも」を
取り入れる際には「冷やすこと」を
心がけると効果的です!

じゃがいも 主食 のデメリット

じゃがいもを主食にするのであれば、
「デメリット」があることも知って
おきましょう。

じゃがいもは、1日にたくさんの量を
食べすぎてしまうと「高血圧」に
なりやすいというデータがあります。

 

これは、たくさん食べると急に血糖値が
上がり「インスリン」が多量に
分泌されるためです。

また、じゃがいもの芽に含まれる
「ソラニン」という成分にも注意が
必要です。

ソラニンには、「毒素」が含まれており
たくさんの量を摂取すると、

「嘔吐」「腹痛」の原因となります。

食べる際には、必ず「芽」を
取り除いてから調理するように
しましょうね!

じゃがいもを 主食にすると 何個必要?

じゃがいもの食べすぎも、
あまり良くないということが
分かりました。

では、1日どのくらいの量を食べれば
良いでしょうか?

それは、1日に1~2個が適量だと
言われています。

そのくらいの量であれば、ご飯茶碗1杯と
同じくらいの量になりますよ。

ですから、1日3個以上は食べないように
調整する必要があります。

置き換えダイエットに適している
「じゃがいも」ですが、

1日1食分程度を置き換えにするのが
ベストだと言えますね!

じゃがいも ダイエットのレシピ

 

【コンソメバターのジャーマンポテト】

・材料(2人前)

・じゃがいも:250g

・ウインナーソーセージ:4本

・玉ねぎ:1/4個

・パセリ:適宜

・オリーブオイル:大さじ1/2

・【A】顆粒コンソメ:小さじ1
・【A】濃口醤油:小さじ1
・【A】有塩バター:5グラム
・【A】塩:少々
・【A】黒コショー:少々

◆作り方
1. 新じゃがは皮をよく洗い、
皮付きのまま乱切りにして、
5分程度水にさらす。

耐熱容器に入れてふんわりラップをし、
600Wの電子レンジで5分加熱する。

2. 玉ねぎは薄切りにして水にさらす。
ソーセージは斜め3~4等分に切る。

3. フライパンにオリーブオイルを熱し、
じゃがいも、水気を拭いた玉ねぎ、
ソーセージを炒める。

4. 具に火が通ったら、
【A】を入れてさっと絡める。

5. 皿に盛り、刻んだパセリを
散らせば出来上がり!

>参考URL「新じゃがいも」で満足おかず!ボリュームたっぷりの低カロリーレシピ

 

 

コメント