大根を冷凍にしたらぶよぶよになってまずい!おでんや煮物に使える冷凍保存の仕方や大根冷凍レシピを紹介

おでんや煮物に欠かせない大根。

スーパーで買ってきたものの、一回で
使い切るのは難しいですよね。

今回は、使い切れなかった大根を冷凍すると
どうなるのか、

大根を冷凍したらぶよぶよになって
まずくなった原因を調査したいと思います。

スポンサーリンク

大根冷凍ぶよぶよになってまずくなる原因

冷凍していた大根をいざ解凍してみると、
なんだか食感が変わってぶよぶよとして
まずい!と感じたことはありませんか?

大根は普通に冷凍してしまうと、ぶよぶよに
なって美味しくないのです。

では、なぜ大根がぶよぶよになってしまう
のでしょうか。?

それは、大根の組織が壊れてしまい、水分が
抜けてしまったからです。

また、一度ぶよぶよになってしまった冷凍大根の
食感を戻す方法は、ありません。

なので、冷凍した大根は、サラダなど生で
食べるより煮物やおでんにすると

おいしく食べることができます。

大根は冷凍できるの?

大根は冷凍すること可能です。

ただ、普通に冷凍してしまうと、ぶよぶよに
なって美味しくないです。

大根を冷凍するときは、基本生で冷凍を
しましょう。

おでんや煮物が余ったからといって、
冷凍すると柔らかくなりすぎてしまいますので、

基本は生で冷凍するほうが良いかと思います。

おでんや煮物に使える大根冷凍保存の仕方


大根の冷凍保存の仕方ですが、用途別に
保存をしましょう。

【生で冷凍する場合】
生で冷凍する場合は、先に切っておくと、
解凍後切らなくても良いので時短に
つながります。

 

ポイントは、水気をしっかり切ることと、
空気に触れさせないことです。

また、用途別に保存しておきましょう。

≪いちょう切り≫
いちょう切りにした後、水気をしっかり
とります。

平らにしてラップで包んでから、密閉袋に
入れましょう。

≪短冊切り≫
短冊切りにした後、水気をしっかり切り、
平らにしてラップに包んで、密閉袋に
いれます。

≪輪切り≫
輪切りの時は、普段より皮を厚めに切り
ます。

そうすることによって、解凍するときの
ぶよぶよ感が弱くなります。

ラップに包んで、密閉袋に入れます。

≪大根おろし≫
すった後、水気を切ります。
使う分ずつラップに包んで密閉袋に
入れる方法もあります。

他には、お箸であらかじめ線を引いて、
解凍するときにパキッと折れやすくして
使うこともできます。

製氷機を買ってきて、それで大根おろしを
作る方法もあります。

また、煮物やおでんを冷凍するとき、

調理前であれば、
・煮物をする分だけ皮を厚く切る

これをしているだけで、ぶよぶよ感は
だいぶ変わってきます。

また、調理後であれば、食べる分だけ
小分けにして、煮汁ごと冷凍しましょう。

また、調理するときは、煮込みすぎない
ようにしましょう。

解凍すると、水分が抜けて柔らかくなるので、
いつもより煮込み時間を短くしましょう。

生の場合、煮物やおでんの残りを冷凍する
場合は、急速冷凍をすると

ぶよぶよ感が少なくなります。

通常の冷凍庫に急速冷凍庫はなかなか
ないかもしれませんが、金属トレーの上で

冷凍すると、普通に冷凍するよりも速く
冷凍することが可能です。

大根冷凍レシピを紹介

冷凍した大根を美味しく食べるには、
煮物が最適だと思います。

なぜかというと、大根は冷凍すると
繊維が壊されます。

ですが、その壊れた組織から、味が良く
しみこんでくれます。

ただ煮物は煮崩れしやすい、柔らかく
なりやすいので、冷凍するときは

ひと手間加えてください!

皮を厚めに切った大根をいつもと同じ
ように煮物を作れば大丈夫です。

大根は、自然解凍せずに、凍ったまま
使いましょう。

下ゆでが大変なふろふき大根も、
冷凍大根を使えば、下茹でをせずに
作ることができます。

大根冷凍保存期間はいつまで日持ちするの?

冷凍大根の保存期間は2週間から
1か月程度です。

あまり、長く冷凍していると、乾燥と
酸化を繰り返し【冷凍焼け】してしまいます。

いかがでしたでしょうか。

大根を冷凍するときは、ひと手間
加えるとぶよぶよした食感が弱くなります。

また、冷凍大根を使うと、味が良く
しみるので、煮物を作るときの時短に
なるので、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク
暮らし(食)
スポンサーリンク
クラの井戸端会議

コメント