サンペレグリノ飲みすぎに注意!ウラン濃度や安全性について解説!ペリエとの炭酸や硬度の強さを比較

暮らし(食)

 

健康やダイエットを目的として、水の代わりに
炭酸水を飲んでいる方も多いと思います。

そして、炭酸水として思い浮かべるのは、
あの緑色の瓶を思い浮かべる方もいるのでは
ないでしょうか。

緑色の炭酸水、サンペレグリノは飲みすぎると
危険!という口コミがあるので調査してみました!

スポンサーリンク

サンペレグリノ飲みすぎに注意と言われる理由は?

それは、他の炭酸水、水よりもウランの濃度が
高いと言われているからです。

ウランと聞くと、「そんなに危ないものが
入っているのであれば、絶対飲まない方が良い!」と
思ってしまいますよね。

では、ウランはどこに存在しているのでしょうか。

ウランは地殻や海水にごくわずかに、そして広く
分布されています。

なんと身近にもウランは潜んでいるのです。

天然水などろ過していない水、湧き水の場合で
あれば、そのまま口にしている可能性があります。

サンペレグリノのウラン濃度は?

サンペレグリノのウランの濃度は
1,000mlに対して、0.004㎎~0.008㎎
言われています。

一方、私たちがよく目にしている水道水は、
1,000ml当たり0.002mlが目標設定項目に
されています。

この基準は、
1998年、WHO飲料水水質ガイドライン補遺で
暫定されたものを、日本でも適用しています。

これだけ見ても、サンペレグリノは、ウラン濃度が
高い炭酸水と言えます。

ウランは私たちにどのような影響を及ぼすので
しょうか。

次の項目で見ていきましょう。

サンペレグリノの安全性、妊婦や子供が飲んだ場合には体に悪いの?

子どもは、サンペレグリノは飲まない方が
良いです。

まず、私たちの体はどのぐらいまでであれば、
ウランを体内に入れてもいいのでしょうか。

大人の場合
1,000ml当たり0.01㎎

乳幼児の場合
1,000ml当たり0.002㎎です。

サンペレグリノは最低でも1,000ml当たり
0.004㎎だったので、子供が飲むとウランの影響が
出やすくなります。

ウランは、体内に入ると腎臓、肝臓などの機能を
低下させてしまうことが危惧されています。

ですので、子供には飲まさないようにしましょう。

また、妊婦さんに関してですが、出来れば控えた方が
いいでしょう。

つわりの時に炭酸水を飲むとスッキリするので、
おススメされていることが多いですが、

サンペレグリノはウラン濃度が高いため、
他の炭酸水をおススメします。

サンペレグリノとペリエとの炭酸や硬度の強さを比較

※サンペレグリノ

サンペレグリノは超硬水です。
炭酸自体は、微炭酸で炭酸が苦手な方にお勧めの
炭酸水です。

硬度…674
カルシウム…208㎎
マグネシウム…53.5㎎
カリウム…2.5㎎
ナトリウム…36㎎
PH値…7.8

※ペリエ
ペリエも同じく硬水ですが、サンペレグリノと
比べると硬度は低いので、軟水に飲みなれている人から

するとサンペレグリノより飲みやすいかと思います。

また、強めの炭酸が好きな方にお勧めの炭酸水です。

硬度…382
カルシウム…147㎎
マグネシウム…3.4㎎
カリウム…0.4㎎
ナトリウム…9㎎
PH値…5.5

 

 

全体的に、サンペレグリノの方がミネラル分は
豊富に入っています。

ただ、微炭酸なので、強炭酸が欲しい時にはペリエ
選んだ方が良いと思います。

サンペレグリノの効果と効能

上記でも成分を書いたように、サンペレグリノは
ミネラルが豊富に入っています。

マグネシウムは、血液をサラサラにしたり、
腸の働きを活性化させるため、

便秘をしている時に飲むと、便秘が改善されたり
します。

また、カリウムは、細胞の浸透圧をしつつ、
神経の情報伝達、筋肉機能の調整などをしてくれます。

いかがでしたでしょうか。

確かに、サンペレグリノはウラン濃度が
高いみたいですが、ミネラル分のことを考えると、

サンペレグリノを飲んだ方が、便通などの改善に
役立ってくれそうです。

サンペレグリノのウラン濃度は、大人が飲む分には
特に問題はないので、飲んだことがない方は

これを機に試してみてください。

ただ、子供が飲んでしまうと、基準値を超えてしまう
可能性が高いので、子供の手の届かないところに
置いておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました