ケーキの消費期限二日切れたが食べれるの?保存方法でどれぐらい持つのか解説

 

お祝い事などでケーキを食べる時、
食べきれずに残ってしまうことありますよね。

ケーキの箱には「当日中にお召し上がり
ください」と書いているので、

頑張って当日中に食べようとしても、
食べきれない時、翌日に持ち越してしまうことも
あるかと思います。

今回は、消費期限が二日切れたケーキを食べることが
出来るのか、保存方法の違いで日持ちが違うのか
調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ケーキの消費期限二日切れたが食べれるの?

消費期限とは、未開封の状態、かつ保存方法を
守ったうえで、安全に食べられる期限のことです。

つまり、消費期限を過ぎると食べない方が
良いのです。

ケーキやお弁当、サンドイッチなど傷みやすい食材の
時に消費期限を使用します。

つまり、消費期限を過ぎたケーキは食べない方が
良いです。

ですが、どうしても食べたい!という時は自己責任で
食べるようにしましょう。

ケーキの消費期限はどれぐらい過ぎても食べれるの?

ケーキの消費期限は過ぎたら食べない方が
良いでしょう。

消費期限を1日過ぎただけなのに、腐ったケースなども
あります。

逆に、消費期限を3日過ぎても食べられるケースも
あります。

その時の保存状態、ケーキの種類などによっても
変わってきます。

食べれるか食べられないかは、ケーキの見た目、
ニオイを確かめてからにしましょう。

保存方法によってはどれくらいもつの?

基本的に、ケーキは冷蔵庫で保存しましょう。

冷蔵庫で保存をする時ですが、買ってきた箱のまま
保存していると、他の食べ物の臭いが移ります。

また、紙は水分を吸収するので、スポンジの水分を
吸収して、乾燥し、スポンジがパサつく原因になります。

なので、買ってきたら箱ではなく、別の容器に
移し替えましょう。

冷蔵庫で保存していた時の目安です。

・ショートケーキ・フルーツケーキなどデコレーション
されたケーキ・・・当日か翌日

・ガトーショコラ・・・4~5日(作った翌日の方が
味がなじんで美味しいです)

・レアチーズケーキ・・・3日

・パウンドケーキ(常温保存可)・・・1週間ぐらい

※パウンドケーキの中に、フルーツが入っていたり、
生クリームなどが乗っていたりする場合は
3日ほどです。

あくまでも目安なので、箱に書かれている消費期限を
守りましょう。

・果物、スポンジにカビが生えている
・生クリームが黄色くなっている
・酸っぱいニオイがする
・少し舐めたら変な味がした

上記の場合は腐っている可能性があるので
食べないようにしましょう。

ケーキを常温でおいた場合、消費期限が過ぎた場合、食べれるの?日持ちはいつまで?

夏場の暑い時期に限らず、冬場も暖房で部屋の
温度は温かいと思います。

常温でケーキを放置した場合、消費期限に限らず
食べる前に腐っていないか確認をしましょう。

基本ケーキは2℃~3℃の冷蔵庫で保存します。

なので、常温で保存することは適していません。

しかし、パウンドケーキは異なります。
パウンドケーキは常温保存で大丈夫です。

中に、フルーツなどが入っている場合は、
3日ぐらいで食べるのが良いかと思います。

ケーキの消費期限過ぎ、冷凍にした場合は食べれるの?日持ちは?

ケーキの消費期限が切れていることが分かって、
冷凍をして長く持たせたい場合、

まずは、そのケーキが腐っていないか確認を
してください。

腐ったものを冷凍庫に入れてしまうと、
他の食材にカビや雑菌が移る原因となります。

なので、消費期限が切れているケーキを
冷凍する場合は、必ず腐っていないか確認しましょう。

消費期限が切れていないケーキを冷凍すると、
大体一か月ほど日持ちすると言われています。

ですので、消費期限が切れていても腐っていなければ、
同じぐらい日持ちすると考えていいかと思います。

また、解凍するときは、冷蔵庫でゆっくり
解凍しましょう。

常温で解凍すると、スポンジがパサつく原因と
なります。

どんなケーキでも冷凍できるわけではなく、
フルーツが入っているケーキは冷凍には
向きません。

解凍するときに、くだものから水分がでてしまい、
スポンジに水分が垂れてしまうからです。

いかがでしたでしょうか。

今回は、ケーキの消費期限について
みていきましたが、安全に食べるために冷凍を
するにしても消費期限内に冷凍をしましょう!

 

コメント