日焼け止めを塗るとポロポロとカスみたいなものが出る!原因と対処法、敏感肌におすすめな塗り方を紹介

DSC_8031

曇りの日でも紫外線は私たちの肌を
狙っています。

実は、紫外線は一年中私たちの肌を
狙っています。

ですから、多くの方はスキンケアを
した後、日焼け止めを塗っているかと
思います。

忙しい朝、日焼け止めを塗ったら
ポロポロと白いカスが出てきて、

慌てたことありませんか?

このカスの正体は何なのでしょうか?

今回は、日焼け止めを塗ったらポロポロと
白いカスが出てくる原因と対処法を
調査していきます。

スポンサーリンク

日焼け止めを塗るとポロポロとカスみたいなものが出るその原因は?

日焼け止めを塗るとカスが
出てくるのは、3つ原因があります。

1 メイクするタイミングが早い

スキンケアをした後、肌がなじむ前に
日焼け止め・化粧下地を塗って
いませんか?

スキンケアをした後は、しっかり肌に
成分を染み込ませましょう。

2 日焼け止めの量が多い

日焼け止めの量が多いと、固まって
しまいポロポロとカスが出てきて
しまいます。

日焼け止めは適量をとって塗りましょう。

3 オールインワンゲルを使っている

オールインワンゲルとは、化粧水、乳液、
美容液、クリーム、パックなどが

混ざっている商品です。

まさしく、これ一本あれば他は何も
いらないというものです。

なので、朝は忙しいので
オールインワンゲルで済ませてしまおう!と

思われる方もいらっしゃるかと思います。

ただこのオールインワンゲルのせいで、
時間がかかることもあります。

オールインワンゲルには【シリコン】
いう成分が入っていて、

日焼け止めの成分と固まり、カスが
出てきてしまうのです。

日焼け止めを塗るとポロポロとカスみたいなものが出るその対処法は?

塗り過ぎを防止するには、適量を
とりましょう。

スキンケア後はしっかり時間を
空けましょう。

例えば、スキンケアした後、歯磨きを
したり、服を着替えたりして

違うことをしてから化粧下地を
つけるとカスが出にくいです。

また、スキンケア後は、
しっかりハンドプレスを行いましょう。

オールインワンゲルを使っている場合も
時間を空けることが有効的です。

また、オールインワンゲルを塗って
ハンドプレスをした後、

油分が気になる場合は、ティッシュで
軽く押さえ、油を取るのも効果的です。

日焼け止めを塗るとポロポロとカスみたいなものが出る敏感肌におすすめな塗り方を紹介

 

日焼け止めを塗るときは、5点に
置いて塗ります。

額、鼻、両頬、あごの5点です。

肌を擦らないように優しく伸ばして
いくのがコツです。

日焼け止めを塗ると肌の皮がポロポロと出るその対策法は?

日焼け止めを塗ってしばらくすると
皮がポロポロと出る場合は、

通称粉ふきと呼ばれていて、日焼け止めが
お肌に合っていない可能性があります。

私たちの皮膚はとても賢く、自分の肌に
合わないと感じたら、角質ごと

はがそうとします。

これによって、皮がポロポロとなります。

対策としては、日焼け止めの使用を
中止して、別の日焼け止めを使うことです。

 

ポロポロしない日焼け止めと化粧下地の相性は?

化粧下地と日焼け止めの相性が良くないと
ポロポロすることがあります。

これを避けるためにも、日焼け止めと
化粧下地が一緒になっているものを

塗れば、解決します!

ですが、やはりバラバラで塗りたい方も
いますよね。

そんな時は、スキンケアから
ファンデーションまで同じブランドで

揃えると相性がいいです。

同じブランドで揃えられない場合は、
スキンケアで保湿をしっかりした後、

肌になじんでから化粧下地を塗りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、日焼け止めを塗ったらポロポロと
カスが出てしまう原因と対処法を
調査しました。

スキンケアの後は、肌になじむまで時間が
かかるのでその間に別のことをして、

時間を有効活用しましょう!

また、日焼け止めを塗って皮がポロポロと
はがれてしまう場合は、

日焼け止めが残っていても使用を中止して、
別の日焼け止めを使いましょう。

そのまま使っていても、どんどん皮が
めくれてしまい乾燥してしまいますので、

肌に合わない場合はすぐに
使用中止しましょう。

スポンサーリンク
美容
スポンサーリンク
クラの井戸端会議

コメント