作り置きパスタが伸びずに固まりを防ぐ方法!パスタの日持ちは?保存方法は?

暮らし(食)

 

パスタを 作り置きして
伸びずに固まりを防ぐコツ!

パスタ を伸びない で保存する方法と
日持ちは何日?

パスタといえば、みんなが大好きな
人気メニュー。

「ご飯がない!」「ご飯を炊くの忘れてた!」

主食や時間のないときに、お湯を
沸かせばサッと作れて便利ですよね。

でも、時間がたつと伸びてしまったり、
固まってしまったり…

「ボソボソしていてなんだか食べづらい…
おいしくない…」

そう思ったことはありませんか?

 

・時間がたってもパスタをおいしく
食べたい!

・作ったパスタは保存できるの?

・お弁当に詰めていく方法は?

・パスタは作り置きできないの?

・パスタが固まらない方法は?

こういったお悩みを解決するべく、
この記事では

・ 作り置きパスタを固まらせない、
伸びるのを防ぐ方法

・作り置きパスタを伸ばさず
保存する方法

・作り置きパスタの保存方法と日持ち

・作り置きパスタでもおいしくお弁当に
詰める方法

を紹介します。

 

スポンサーリンク

パスタを 作り置きして 伸びないで固まりを防ぐコツ


・パスタを半分に折る

パスタを短くすることで麺同士が
絡まりにくくなります。

ニョッキやペンネなど、ショートパスタを
使うと折る手間も省けます。

・ゆで時間を短くする

パスタを鍋から取り出すとき、
あとから食べる場合に再加熱するとき、

余熱で火が通ります。

そうすると、表記通りのゆで時間では
パスタがのびやすくなってしまいます。

後から食べる場合は、ゆで時間より
1~2分ほど短くゆでましょう。

 

・水洗いをしてぬめりをとる。

パスタが水分を吸ってしまう前に手早く
おこないましょう。

また、洗うことによってモチモチの
食感に。

ナポリタンを作るときにやる人も多い
みたいです。

くっつきにくくてモチモチになる。

まさに一石二鳥。

・オイルをまぶす

麺同士でくっついてまとまるのを
防ぎます。

全体にからまるようにまぶしましょう。

パスタ を作り置きして 伸びない で保存する方法

・一食分ずつ小分け保存する

食べるときに必要な分だけサッと出す
ことができます。

 

作り置きパスタの保存方法と日持ちは?


・冷蔵保存の場合は1日~2日

・冷凍保存の場合は3週間位

冷凍保存の場合は、密閉容器に入れて
保存すると良いでしょう。

また、冷凍・冷蔵どちらにしても、
時間の経過とともに味や食感が落ちるので

なるべく早く食べましょう。

ちなみに

「ソースや具材をからませた状態で冷凍は
できないの?」

と疑問を持つ人もいるかもしれませんが、

答えは

「モノによります」

ザックリした答えですみません。

なぜかというと、使われているソースや
具材によっては解凍したときに

分離したり、具材の水分で水っぽくなって
しまったりするからです。

その結果、食感や味を損なう恐れがあります。

「どうしても冷凍したい!」

という場合は

・解凍しても水分の出づらい
(もともと水分量が少ない)食材を使う

・クリーム系よりも、和風やペペロンチーノ
などオイル系にする

という風にしてみたらいいかもしれません。

ちなみに、ナポリタンやパスタサラダは
「小分け冷凍して、お弁当のおかずに
ストックしているよ~」

なんて人も多いのではないでしょうか。

お弁当カップに入れて保存すると

・お弁当のすきま埋めにサッと取り出せる

・夏はそのまま入れて保冷剤代わりに

なんて使い方もできますよね。

パスタの 作り置きを お弁当に美味しく入れる方法

 

・一口分ずつ丸めて詰める

ひとかたまりになるのを防ぐことが
できます。

食べやすい上に見た目もかわいい。

インスタでこのような詰め方を見たことが
ある人も多いのではないでしょうか?

また、汁を別で用意すれば、そうめんや
うどんなど他の麺でも応用できます。

筆者はこの方法で旦那の弁当に詰めたところ
「いつもより量が少ない。物足りなかった」

と言われ、

それ以来二度とやっていませんが(笑)

・クリーム系よりオイル系を詰める

・作り置きパスタの保存日数と保存方法でも
お話ししましたが、

クリーム系は冷えると状態も変わって
ボソボソになりがち。

和風やペペロンチーノなど、オイル系の
ほうが状態も変わりにくいです。

・ショートパスタを使う

・作り置きパスタをかたまらせない、
のびるのを防ぐ方法

でも登場しました。

伸びづらく、普通のパスタにくらべると
固まりにくいのでお弁当にピッタリ。

イタリア語で“蝶”を意味する
ファルファッレと呼ばれるパスタ。

リボンのようなかわいい見た目です。

お弁当に入っていたらお子様にも
喜ばれること間違いなし♪

おいしく食べられる上に喜ばれるなら、
作る人も嬉しいですよね♪

 

手軽だけど扱いが難しいパスタ。
この記事で疑問やお悩みが解決した
でしょうか?

この記事を参考にしていただくのは
もちろんですが、

自分なりに研究したりアレンジして、
最良の方法が見つかれば最高ですね♪

上手に活用して、パスタを美味しく
いただきましょう♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました