クエン酸食用と掃除用との違い!食用、掃除用それぞれの効果と水溶液の作り方と使い方を解説

暮らし(住)

クエン酸と聞いてもよくわからないと
思われる方も多いですが、

私たちが食べている梅干しや柑橘類に
含まれている酸味のもとで、

日常の食生活で何気なく取り入れている方
も多いです。

そのように、食用としてはなじみ深くも
ありますが、日常的に掃除用品として

お使いの方もいらっしゃいます。

それでは、意識的に日々の生活にクエン酸を
取り入れることのメリットはどのような
ことがあるのでしょうか?

今回はクエン酸の効果的な使い方について
解説したいと思います。

スポンサーリンク

クエン酸食用と掃除用との違い

スーパー、ドラッグストア、薬局などに行くと、
クエン酸は食用と掃除用で別の棚で販売
されています。

実際は、クエン酸は、『医薬品』、『食用』、
『工業用』と三種類あります

これらの種類は、精製の純度で区別され、
『医薬品』、『食用』は99.5%以上の純度が
あります。

それぞれ、『医薬品』は、厚生労働省の
規格基準に基づく日本薬局方の規格に合格、

『食用』は、食品衛生法の食品添加物の規格に
合格した商品になりますので、

どちらも食べることができます。

『工業用』は、掃除用として市販されています。
不純物が多く、精製度が低めです。

掃除用に適している粒子が粗目の製品が
あります。

クエン酸食用での美容、ダイエット効果は?

 

クエン酸は酸味のさっぱりとした味付けで
利用されていますが、

食べることによっての美容、ダイエットへの
嬉しい効果があるのでしょうか?

クエン酸には、カルシウム、輝、亜鉛、
マグネシウムなどのミネラルの吸収を促進する

『キレート作用』があると言われています。

体では作ることのできないミネラルが
不足すると、活性酸素が過剰に増加します。

活性酸素は外部からの細菌などから体を守る
性質がありますが、過剰に増えすぎると

健康な細胞まで攻撃して酸化を促進します。

クエン酸を摂取することは老化の一種である
酸化に効果があります。

クエン酸の摂取による『クエン酸回路』の
活性化は新陳代謝を促進してダイエットに

効果があると言われていますが、
高い効果は未知数です。

クエン酸の効果はすぐに出るわけでは
ありませんので、毎日こまめにとり続ける
のが大事なようです。

クエン酸食用での疲労回復に必要な量は?

疲労は活性酸素による酸化のストレスで、
細胞がダメージを受けると起こると言われていて、

回復には細胞の修復に必要なエネルギー源の
ATPが必要です。

ATPを作り出す作用が『クエン酸サイクル』
呼ばれていて、クエン酸をとることは

クエン酸回路を活性化させて細胞の修復に
働きかけます。

それでは、粉末状で販売されているクエン酸の
パウダーは、疲労回復に必要とされる量は

どのくらいなのでしょうか?

一日に摂取するクエン酸の目安の量は約1.5~2gや、
5gまでなどと言われていますが

明確な定めはなく、WHO(世界保健機構)での制限は
されていません。

クエン酸は一度に大量に摂っても体内に蓄積は
できず体外から排出されるため、3~4回に分けて

摂取すると効率が良いです。

体に合わせながら量を加減しましょう。

稀に、空腹時には下痢などを引き起こすことも
ありますので、飲みすぎにはご注意ください。

クエン酸掃除用でのトイレ、風呂、水垢効果は?

クエン酸はアルカリ性の汚れに効果を発揮し、
石鹸カス、水垢汚れ、尿の汚れに効果があります。

お風呂場の石鹸カス、キッチンやトイレの白く
こびりついたカリカリしたカルシウム汚れ、

トイレの尿石、黄ばみなどにも効果があります。

キッチンの三角コーナーの悪臭や、ペットの
トイレのアンモニア臭の中和にも効きます。

ペットのトイレの掃除にも使用した場合は
よく拭き上げてください。

クエン酸掃除用での水溶液の作り方と使い方

クエン酸は粉をそのまま振りかけてスポンジで
こすり掃除ができますし、スプレーでできるように

水溶液を作ると掃除の用途が広がりとても
便利です。

作り方もとても簡単で、スプレーボトルの中に、
200mlに対して小さじ一杯のクエン酸を

溶かせば出来上がります

汚れの度合いを見て、クエン酸の量を調節して
ください。

トイレ、風呂、水垢以外に掃除に使う際は、
鉄、アルミの製品、大理石など使用できない素材も

ありますのでご注意ください

塩素系の漂白剤と混ぜて使うと有毒なガスが出ます。

クエン酸洗剤を混ぜることは絶対しないように
してください。

クエン酸は、万が一洋服に付着しても洗えば
落ちますし、お子様が触ることもある水回りを

掃除できるとあれば、強い洗剤を使うより
安心です。

ため込んでしまった汚れにも効果が高く
有用です。

体の中も美容、疲労回復もあり、健康維持に
役立ちます。

価格も手ごろで生活に役立つクエン酸は、
体も家もきれいに保てる必須アイテムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました