キッチンペーパーの代用にペーパータオルを使用した場合、揚げ物や食材の水切り、フライパンで魚を焼くときの違いは?

暮らし(住)

揚げ物や食材の水気を切ったり、
魚を焼くときに重宝するキッチン

ペーパーですが、スーパーに行くと、
近くにペーパータオルも置いていたりします。

今回は、キッチンペーパーの代用として
ペーパータオルを使った場合の違いに

ついて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

キッチンペーパーの代用にペーパータオルを使用した場合の揚げ物での違い

キッチンペーパーの代用にペーパータオルを
使うのはおススメしません。

元々、キッチンペーパーは、吸油性に
優れています。

一方ペーパータオルは吸油性、吸水性に弱く、
中々油を吸ってくれません。

また、ペーパータオルの中には、原料で
ポリプロピレンを使用しているものも
あります。

この、ポリプロピレンは熱に弱いため、
揚げ物等、高温になるところでの使用を
控えた方が良いかと思います。

キッチンペーパーの代用にペーパータオルを使用した場合の食材の水切り具合

通常のペーパータオルは水に弱く、野菜などの
食材の水切りには向いていませんでした。

ですが、洗って使えるペーパータオル
出たことにより、それを使うことで、

キッチンペーパーと同じように水切りを
することが可能です。

キッチンペーパーであれば、水切りをして
終わりですが、洗って使えるペーパータオルは、

また使うことができます。

(水切りなどで使う場合は、一番最初が
良いかと思います。衛生面的な観点から。)

キッチンペーパーの代用にペーパータオルを使用した場合、フライパンで魚を焼くときの違いは

ペーパータオルは、【衛生用品】として
扱われているものが多く、

食材の水切りや、食材のドリップ吸収などに
利用しないように注意書きとして

書かれているものがあります。

なので、キッチンぺーパーの代用として使う時は、
【食品にも使える】と書いてあるものを
選びましょう。

また、吸水性に優れているものを選ぶ
キッチンぺーパーの代用として使うことが
できます。

ここでもやはり、洗って使えるペーパータオルだと
キッチンペーパーと同じ効果が得られると

思いますので、代用品として使うのであれば、
洗って使えるペーパータオルをおススメします。

キッチンペーパーとペーパータオルの違い

キッチンペーパーは名前の通り、
「台所で使う紙」です

野菜の水切り、フライパンや鉄板で
油をひいたり、油を吸収したり、

お皿を拭いたりとキッチンペーパーは、
台所で活躍しているものです。

吸水性、吸油性を高くするために、
表面はデコボコしています。

ペーパータオルとは、「紙のタオル」で主に、
不特定多数の人が集まる施設のトイレ

洗面台、衛生面が厳しい工場などの現場で、
手を拭いたり、掃除をしたりする時に
使われます。

私たちがよく目にしているのは、
再生紙100%の古紙からできている、

少し茶色がかったペーパータオルを
見かけるかと思います。

それ以外にも、パルプ100%で木材を加工した
ものもあります。

こちらは、吸水性は再生紙100%よりも
上がっています。

また、最近では洗って使えるペーパータオルも
出ていて、吸水性がより良くなり、

強度が上がっているものもあります。

2~3回ほど繰り返し使えます。

キッチンペーパーの代用にペーパータオルを使用した場合のコスパは?

通常ペーパータオルを使うのであれば、
キッチンペーパーと併用して使わないと

いけないので、キッチンペーパーのみの方が
コスパは良いと思います。

ですが、洗って使えるペーパータオルを
使うのであれば、油を吸い取る時は、

キッチンペーパーを使用して、
他は洗って使えるペーパータオルを使用すると、

何度も使うことが出来るので、
コスパが良くなります。

キッチンペーパーの代用として、
ペーパータオルを使用するときは、

どんなペーパータオルでも良いわけではなく、
【食品にも使える】【吸収性が優れている】

ペーパータオルを使いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました