朝起きると頭や鼻の皮脂がすごい!皮脂がすごい原因と乾燥肌や混合肌での正しい化粧水の使い方

美容

朝起きると、「鼻のテカリが気になる」
「夜しっかり洗顔したのに…」なんて

思ったことありませんか?

この記事を見ていただいているということは、
きっと改善したい!と思っているから
ですよね。

今回は、頭や鼻のテカリ、脂の原因と
正しい化粧水の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

朝起きると頭や鼻の皮脂がすごい!皮脂がすごい原因は?

鼻のテカリはもちろん、朝起きたら
なんだか肌が脂ぎっている経験は
ありませんか?

実は、テカリ、脂の原因は【乾燥】かも
しれません。

夜、顔を洗う時にしっかり洗いすぎると
潤いを保つため、肌は脂を分泌します。

また、洗顔後の化粧水が少ないと潤い不足と
感じてしまうのです。

では、頭皮はどうでしょうか。

頭皮の場合も同じく乾燥が原因に
なることが多いです。

シャンプーを泡立てずに原液のまま使い、
ゴシゴシ洗うと頭皮の刺激が強すぎて
乾燥してしまいます。

頭皮の皮脂が溜まると薄毛の原因にも
なりますので、シャンプーは

しっかり洗い流しましょう。

乾燥肌の正しい化粧水の使い方

まず、乾燥肌の方は、角質が硬くなって
いるせいで、化粧水や美容液が

なじみにくくなっています。

化粧水は、なじみやすいように手で
温めてから塗りましょう。

コットンを使う場合は、肌に擦らないように
気をつけましょう。

化粧水をこぼさないように適量を手に取り、
温め、おでこ・両頬・鼻・あごにのせます。

残った化粧水は手のひらで伸ばし、
内側から外側へなじませていきます。

この時、擦らないようにしましょう。

一回で適量を漬けられない場合は、
複数回に分けてなじませましょう。

混合肌の正しい化粧水の使い方

混合肌とは、複数の肌トラブルを持っている
肌のことです。

この場合、出来れば肌トラブルごとに
化粧水を分けることをオススメします。

もし、分けることが出来ないのであれば、
保湿成分が高い化粧水を使いましょう。

また、肌が敏感になっている方が多いので、
刺激の少ない、

無香料・無着色・アルコールフリー・
敏感肌用を選びましょう

化粧水の塗り方は、乾燥肌の方と同じように
手で温めてから塗るようにしましょう。

そして、内側から外側へむけてなじませて
いきましょう。

頭皮の皮脂が過剰な場合の対処法

頭皮の皮脂が過剰な場合は、頭皮の
洗い方から改善しましょう。

【洗い方】

・髪を濡らす前にブラッシング

・38℃前後のぬるま湯で頭皮と髪の
汚れを落とす。

この時、ぬるま湯でしっかり落としましょう。

指の腹でマッサージをするように全体を
しっかり洗っていきます。

・シャンプーは手のひらで泡立ててから
使いましょう。

よく、原液のままつけて、
頭で泡立てている方がいますが、

頭皮の毛穴にシャンプーの原液が
詰まってしまい、脂が溜まりやすく
なります。

・そして、シャンプーもトリートメントも
ですが、しっかり洗い流しましょう。

毛穴にシャンプーやトリートメントが
残っていると、毛穴がつまる原因になります。

毛穴が詰まると、抜け毛の原因になります。

タオルドライ後、ドライヤーで
しっかり乾かしましょう。

鼻のテカりを治すスキンケア方法

鼻のテカリを治す方法としては、

・洗い方の改善

・生活習慣の改善

が必要となります。

すぐ実践できるとすれば、洗い方の改善です。

洗顔をする際、泡立てネットなどで
濃密な泡を作ってから、泡で洗うように
しましょう。

こうすることで、洗顔フォームからくる
刺激を和らげることが出来ます。

また、熱いお湯や冷たい水ではなく、
ぬるま湯で洗うようにしましょう。

タオルで拭くときは、ゴシゴシ拭くのでは
なく、優しくポンポンと抑えるように
拭きましょう。

生活習慣で言えば、意識的に、
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC
摂っていくようにしましょう。

(例えば、ビタミンB2だとレバー、
牛乳、ビタミンB6だとバナナ、大豆、

ビタミンCだとイチゴ、柑橘類など。)

最後に、

それでもどうしても気になる場合は、
化粧下地にテカリ防止の下地を使ったり、

「オイルフリー」を使ったり、肌の負担軽減の
ためにUV対策をしっかり行うと

テカリを防止することが出来ます。

肌のテカリや頭皮の脂はどうしても気に
なりますよね。

ストレスや睡眠不足、生活習慣を
見直すと同時に、今使っている化粧水、

洗顔フォームが自分の肌に合っているのか
確認をするのも一つの手だと思います。

肌や頭皮は私たちが思っている以上に
繊細ですので、擦る、刺激の強い洗剤で

洗うなどをすると乾燥以外のトラブルにも
なりかねないので気をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました