本文へスキップ

国語力は、「真の学力」の要となります。あいの部屋では、「古文読解」のヒケツをお伝えします。

古文読解のヒケツRECRUIT

「国語力」を伸ばすには、古文読解がいちばん!

トップページでも書きましたように、古文の実力は、かんたんに身についたりしません。
1つ理解できたり、面白いと思えたりしても、それが大学入試の問題を解くキッカケの1つに過ぎないからです。

「分かった!」「面白いな〜」→かといって成績は上がらない。
「あんまり分からん」「面白くない」→それでも覚えたらある程度はできる。

それが「古文読解」なのです。

しかし、マニュアル通りに成績が伸びていかない古文において、なぜ解けたのか、どこまで分かってどこが理解できていないのか、をじっくりと考え抜くことが、

「古文は、一気に力はつきません。だからやります。」

この思考回路を身につけ、偏差値を一気に上げていく考え方のしくみにつながるのです。


古文読解のための具体的な学習法

CEO

古文は、勉強のやり方を理解するだけでなく、それがすべてつながって初めて、得点につながっていきます。これまでの大学入試センター試験では、最後の二択を「なんとなく」選んでいた人もいたと思いますが、これからの大学入試では、そういうわけにはいきません!

知っている知識だけを頼りに、当たり・外れで選ぶのではなく、古文単語た文法の知識を活用して、問題文を理解していかないと、成績は伸びていかないのです!

では、具体的にどのように学習すれば、古文読解ができるようになるのでしょうか?ただの暗記ではなく、国語力につながる古文の読み方ができるのでしょうか?



古文読解は、暗記の教科ではありません
単に、単語文法を覚えたり、理解したりしても、それで古文読解ができるようになるわけではありません。

なぜなら、古文読解の最大のネックは、省略が多いことだからです。
現代文読解や英文読解に比べるとよく分かるのですが、
この省略の多さが、古文を難しくしている大きな要素の1つといえるでしょう。


あなたがもしすでに古文を学習しはじめているなら、手持ちの古文現代語訳とを見比べてみてください。
(模擬テスト等を受けていれば、必ず正答とともに現代語訳が載っていますよ^^)

古文にはなんと省略が多いことか(:-)!

中学レベルの、『平家物語』や『宇治拾遺物語』などでは、それほど多いと感じないかもしれませんが、
高校に入って、『伊勢物語』や『枕草子』、さらには『源氏物語』…と進むにつれ、
単語だけ覚えて理解できるというものではありません

ではいったい、どうすれば古文読解ができるようになるか?

逐語訳が、古文読解のカギ!

おそらく、古文の伸びないあなたの学習法は、「定期テスト範囲の口語訳を覚える」ということに終始しているのではないでしょうか?
そして、「定期テストはある程度とれるのに、模擬テストになると全然点数がとれない」と嘆いているのではないでしょうか?

もしそうなら、あなたは口語訳をただ丸暗記しているだけなのです。
定期テストのたびに、口語訳をただ丸暗記しているだけなら、いつまでたっても国語力は上がりません。
なぜなら、逐語訳を理解していないからです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

逐語訳(ちくごやく)」とは、古文の訳を、意訳(意味をとらえて分かりやすくした訳)ではなく、
一語一語に即して、単語や文法に忠実に訳していくこと。

まずは、学校の授業で出て来た古文と、一語一語の逐語訳を、しっかりと照らし合わせて、理解するようにしてみて下さい。

「この重要古語があるから、この場合はこんなふうに訳出したのだ」
「この助動詞、敬語があるから、こういうになったのだ」
ということを、1つひとつきちんと理解していくのです!
  (→「国語力のヒケツ」参照)


最初は、不十分な箇所がいくつも出てくることでしょう。

重要古語、3つも意味があるのに、どうしてこの意味になるの?」
文法書で学んだはずの訳と違う! なぜぇ??」

…それはそれでいいのです。。

 EX.
 「建春門院おはしまさで後、恋しく思ひまゐらせしかば…」
   (『たまきはる(建春門院中納言日記)』より)

ん。学校で教えてもらった口語訳は、
建春門院ががお亡くなりになってから、恋しくお慕い申し上げていたところ…】だな。

おや?待てよ!
おはしまさ(おはします)』が尊敬語【いらっしゃる】なのに、どうして【お亡くなり】なの?

…う〜ん、ま、置いといて次いこ。

〜で』は打消接続【〜ないで】と辞書に書いてある。
あれ? これもおかしい……。

あ、そうか!
この『おはしまさで』の部分で【いらっしゃらないで】という内容を、【お亡くなりになって】と意訳したんだな。

でも、なぜ亡くなったことまで分かるのかは不思議だけど…、
ま、納得したので、次に進もう!

こんな感じでいいのです。


初歩的な知識では、理解するのに支障がでるのは当たり前!
九九しか覚えていない小学生に、方程式を理解しろというようなものです。


逐語訳のメリットは、
あとで理解できることを想定した上での「効率化」というところにあります!

とにかく、定期テスト範囲の古文で、チャレンジしてみてください!
授業でやった古文なら、イメージを湧かせながら、逐語訳ができるはず。

これは、テスト対策にもなりますし、一石二鳥ですよ♪

国語力で『源氏物語』の読解を!

上記のトレーニングを積んでいけば、あなたの古文読解基礎体力は、だんだん身についてくることでしょう。
定期テストと模擬テストとの点数差も、だんだんと狭まってくることと思います。

そこで。
あなたはこのまま、さらに実力テストの得点をUPさせるために、問題集を解いていくことでしょう!
もちろん、この調子で基礎トレーニングを強化していけば、着実に得点につながっていきます。

ただし、定期テストと実力テストの差がなくなったあとは、ある程度までは得点は伸びるでしょうが、おそらく「第二の壁」が出来るのではないかと思います。


ここでは、その「第二の壁」を打開するための国語力を使った古文読解法をご紹介します♪

古典文学最高峰といわれる『源氏物語』。。。
高校の授業でも、必ずといっていいほど学習しますし、
2014年度は、大学入試センター試験で、『源氏物語』宇治十帖が出題されました。


しかしながら、高校の授業では、学ぶと言っても、
ほとんどがダイジェスト版のような感じになってしまいます。

なぜかといえば、
・『源氏物語』は長すぎて、高校の授業内では消化できない。
・省略が多すぎて、高校の古文読解力では太刀打ちできない。
・歴史・文化的背景が複雑すぎて、高校生では理解できない。

という、教えるのも理解するのも「めっちゃムズかしい〜!」といった理由が、
最高峰である『源氏物語』を、単なるあらすじの紹介にとどめているのです。


ですが、国語力を真の学力につなげてもらうために、あえて言います。

この『源氏物語』の逐語訳にチャレンジしてみてください!

・長すぎるからこそ、「つながり」をもった学習ができる!
・省略が多いからこそ、「国語力」が鍛えられる!
・1つの作品で、歴史的・文化的背景まで多く学べる!



源氏物語』が読めると、他の古文なんて、ほんとにたやすく読めることでしょう!
受験をまだ数年後に控えたあなた。余裕があるうちに、ぜひチャレンジしてみましょう♪


方法は、前述のやり方でいいのです。

『源氏物語』の原文と口語訳を、一語一語照らし合わせながら読んでいく。
理解しにくいところが出てきても、「この単語を、こう訳出するんだ」ということを理解すればいいのです!


もちろん、多くの問題が出てきます。

まず「和歌」。
…最初は、何が何だかさっぱり分からないと思います。
省略も多いし、踏まえられた過去の和歌由来なども多いので、注釈まで読んだりしなくてはならない。
とても時間がかかります><。


高校3年間で、『源氏物語』すべてを読破するというわけにはいかないと思うし、他の学習も疎かになってしまいます。。。


そこで(*^_^*)♪
あいの部屋」では、現在、『源氏物語』を最も効率的に読んでいけるような方法を模索しています。
    ↓    ↓
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
あいのブログ「源氏ゆるいイラスト訳」〜〜〜〜〜☆

 少しずつ、『源氏物語』の一節一節を、面白くわかりやすく解説しています(*^_^*)ノノ
 イラストなので、一語一語の逐語訳だけでなく、イメージも湧いて理解しやすいと思います。
 ブログで書いていくので、毎日読むのを習慣づけてみてください♪

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『源氏物語』問題&添削
 あいの部屋では、通信講座として、古文の問題プリント添削をしています。
 
 「源氏物語」だけでなく、あなたの志望校の出題傾向に合わせて、問題を取り揃えておりますので、どうぞご利用下さい!
  お問い合わせはこちら→
  ※ただし、携帯メールでフィルタをかけておられる方は、メールが届かない可能性があります。



「確かな学力」の源となる「国語力」をしっかりと身につけるためにも、古文読解を大切にしていきましょう!
    ↓
  トップページに戻る
inserted by FC2 system